| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

北イタリア紀行(終)

<8日目>
今朝は5時半に出発です。
目覚めたのは4時10分で、慌てて支度をしました
いつも3時頃には目が覚めていたのに
え~私のメガネがない
スーツケースに入れたのかしらと?と思ったのですが、
念のためベットの隙間を確認したらありました
部屋をでるギリギリで見つかりましたよ。 あ~良かった

早朝のため朝食はお弁当です。
ホテルから水上タクシーに乗りマルコ・ポーロ空港まで移動です。
水位が低い時は延々と荷物を持ち水上タクシーのある所まで歩くそうです。

ベェネツィアにはもう一日滞在したかったですよ
行きたい所がまだまだありました。

泊まったホテルはサンマルコ広場から歩いて5分の所にあったので便利でした。
この写真はホテルのすぐ近くの風景です。

マルコ・ポーロ空港の船着場に到着です。
水上タクシーからスーツケースを降ろしているガイドさんです。
DSCF54922.jpg
マルコ・ポーロ空港からローマまでのフライトです
いつも帰国する時にスーツケースの重量が心配でドキドキ物でしたが、
今回はホテルになんと「はかり」があり、あらかじめ計っておいたので余裕でしたよ
ホテルに「はかり」があったのは初めてでした
アリタリア航空は23kまでOKでした。他は20kですよね。
たった1kオーバーで7千円も取られるそうです。
<マルコ・ポーロ空港>
DSCF54988.jpg
ローマーの空港から成田迄のフライトです
2回の機内食です。
NO1.jpg

ローマー空港から成田まで12時間くらいかかり無事に帰国してきました
16名のツアーの人達と素晴らしい旅が出来ました
数名の方から旅行中の写真をメールで交換したり、CD-ROMを送ってくれてる方も
います。

Oさんご夫婦にはスーパー行くと「お水を買ったかい」といつも気使かって貰っていました。
お水は炭酸入りがほとんどなので、ノンガスのお水を教えてもらってました。
色々と買い物も助けてもらいましたよ。
添乗員さんにもすごくお世話になりました。
ヨーロッパの空気に触れ貴重な経験をし幸せな時間を過ごしてきました
長い旅行記でしたが読んでいただきありがとうございます。
このブログは旅を振り返り、自分自身の記録にもなりました
日本旅行の「ドロミテ街道の絶景と北イタリア紀行9日」のツアーでした。
スポンサーサイト

| 北イタリア旅行記 | 08:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北イタリア紀行(5)

<7日目>
コルティナ・ダンベッツォのホテルを出てバスで移動です。
今朝は気温が低く、外は雨降りです
バスの中で薄着のせいもあったのですが寒かった~
約3時間位でリベルタ橋を渡りトロンケット島に到着です。
ヴェネツィアに着くとものすごい暑さで日差しが凄い35℃位あったそうです
トリノからお世話になったバスの運転手さんのチロさんともここでお別れです。
お世話になりました。
ここから水上タクシーに乗りヴェネツィアの本島に入ります。

水上タクシーに乗ってます。
DSCF53755.jpg
憧れていたヴェネツィアです
レストランの近くで水上タクシを下りました。
昼食は楽しみにしていたイカ墨とアサリのパスタでした
イカ墨は初めてでしたが美味しかったわ~お口が黒くなるので気にしていたら
「パンを食べたらいくらか取れますよ」と教えてもらい大丈夫でした。
飲み物のお値段が高くてビックリ
ワイン・ビール・シュース・水も5ユーロでした。今までで一番高かったです。
午後からはフリータイムでしたが、添乗員さんとサンマルコ広場を見学です。

すごい人でサンマルク大聖堂や鐘楼にも登って見たかったけど、長蛇の列であきらめました
サンマルコ広場の側の路地は細くて迷路になってます。
ホテルは近くだったので助かりました。
DSC_01899.jpg
みなさん、ゴンドラに乗ってました。雰囲気あるでしょう。
DSCF53922.jpg
私たちも乗りましたよゴンドラは一艘が6人乗りで八千円です。 
曲がつくともっと高いそうです。
ツアーの人たちと楽しく乗ってきました
聞いてはいましたがやはり水は臭いがしますね
でもゴンドラに乗るのを楽しみにしていたので満足してきました
DSCF54266.jpg
DSCF54244.jpg
こちらも添乗員さんのお勧めのジェラードのお店です。
チョコレートも売っていたので買ってきました。
DSCF54399.jpg
今夜も食事がついていないので、数人の方達と添乗員さんの紹介で
レストランに行ってきました
ピザ・ミートスパゲティー・生ハムのサラダその他いろいろをオーダーし
みんなで食べましたよ
イタリアに来て初めてのピザです。
ティラミスも美味しかったわ
NO1.jpg
夕食後又、サンマルコ広場を散策です。時間は9時ごろだったような?明るいでしょう。
DSCF54411.jpg
サンマルク広場の左右でバンドが演奏をしています。
300年の歴史がある「カフェ・フロリアン」でカプチーノを飲みたかったのですが、
カフェに入るとバンド演奏の曲代として席料が10ユーロも取られるので止めました。
カプチーノは9ユーロなので、二人分で日本円にするとで五千円位です
DSCF54633.jpg
ホテルに戻ると電気を消して出かけたのにベットに明かりがついていたの
そしてベットの下に薄いマットが敷かれていたわ。
メイドさんが入ったのですね
スーツケースは開けっ放しで出来かけたのでビックリしました
後で聞くとナイトサービスがあったみたいです。
ナイトサービスがついているホテルに泊まったのは初めてでした。

| 北イタリア旅行記 | 09:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北イタリア紀行(4)

<6日目>
駐車場の側のアウランツァ小屋からハンキングです。

45分位かかりラヴァレート小屋に着きましたよ
少し休んでから上のほうまでのハイキングです。

ここからのハイキングは自由参加でしたが行ってみました。
往復で大体1時間位だったかな?
なだらかな登りですが、途中きつくなり戻られたご夫婦もいました。
私たちも少し休んでから戻ろうとしましたが、添乗員さんが迎えに来てくれて
「もう少しで素晴らしい景色が見れますよ」と言われ頑張りましたよ
DSC_01600.jpg
両脇の雪も凄いでしょうお天気も良く寒くは無かったです。
もちろん中にはセーターも着ています
DSC_01622.jpg

登りきると本当に素晴らしいパノラマの景色が見ることが出来ました
パノラマの写真は綺麗に撮ることが出来なくお見せできません
トレ・チーメ・ディ・ラヴァレード<三つの巨岩の頭>
左がチーメ・ピッコラ2857m、中央はチーメ・グランデ2999m、右がチーメ・オベスト2931mです。
DSCF52711.jpg
スイスとの国境でパスポートの山と言われています。
昔、ここでは戦争があり大勢の人々がが亡くなっているそうです
DSCF52433.jpg
下りは楽でしたよ

ミズリーナ湖
「ドロミテの真珠」と呼ばれているミズリーナ湖
湖畔の側のレストランで昼食を済ませ、ガイドさんのパウロさんの案内で湖畔の散策です。
湖面に映る風景が素晴らしい湖でしたが、残念ながら曇っていて少し風もあり綺麗な姿は見れませんでした。
DSCF53177.jpg
アルペンローゼ、リンドウ、アネモネ等が咲いていましたよ。
<アネモネ>
DSCF53011.jpg
カモの親子がいました。
DSCF53033.jpg

ホテルに戻り少し休み又主人と二人で街を散策です。
でも今日は日曜日のためお店はお休みです。
今晩の夕飯はついていないので、昨日買ってきた食糧でホテルの部屋でゆっくり食べていました
チェリーもプラムも美味しかった。
夫は「昔の味がする」と言ってトマトを食べていました。
クロワッサンはオレンジジャム?のようなものが入っていて美味しくいただきましたよ。

| 北イタリア旅行記 | 15:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北イタリア紀行(3)

<5日目>
ボルツァーノからバスでドロミテ街道をドライブです
街道の最高地点ポルドイ峠や切り立った巨大な岩山に囲まれたファルザレーゴ峠など、
迫力ある絶景地帯を見ながら移動です。
途中、美しいカレッツァ湖に立ち寄り、湖の周りを歩いて20分位で回ってきました
青い湖水に映る山々、今回の旅で最も美しく素晴らしい風景でした
DSCF50622.jpg
ポルドイ峠ではロープウェイでサッソポルドイ展望台に登りました。
標高2950mです。

雪の上に薄っらと赤い部分があり、それは南アフリカから飛んできた白砂でした。
日本では中国からの黄砂ですよね。
雪の上を歩いている人たちがいましたよ。
DSCF51299.jpg
見事な景観でしょう
DSC_01144.jpg
午後からコルティナ・ダンペッツォよりロープウェイでトファーナ・ディ・メッツォ展望台に
行く予定でしたが、雪解けが遅くまだロープウェイは開通してなくて行けませんでした

今夜はコルティナ・ダンペッツォ泊まりで連泊です。
ツアーの方達と添乗員さんに連れて行ってもらいCOOPでお買い物です
明日は日曜日のためお店はお休みです。
添乗員さんのお勧め商品を買ったり楽しかった
お水、パン、フルーツ、トマト、牛乳、お土産などの買い物です。

泊まったアンコーラホテルです。
DSCF51822.jpg
コルティナ・ダンペッツォの街
DSCF53311.jpg

| 北イタリア旅行記 | 15:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北イタリア紀行(2)

<3日目>
朝早くマッジョーレ湖畔を少し散歩をし朝日を昇るのを見ていました
DSCF48255.jpg

湖畔にある「レジーナ・パレス」に泊まり今回の旅行で一番良かったホテルでした
ベランダのゼラニュウムも綺麗でしょう。
ここで少しゆっくりしたかったです。

バスでストレーザからスイスのティラノに向かいました。
ティラノで昼食後旧市街に散策に行った時に、途中で買い物したくてみなさんと離れたのですが、帰り道で迷ってしまいあせりましたよ
主人が二度道を聞き何とか集合場所まで行けました。夫に感謝です。

いよいよ楽しみにしていた世界遺産のベルニナ線で360度のループ橋「ブルージオ橋」を渡ります。
残念ながら進行方向の座席を確保できなくてループ橋の写真は綺麗に写せませんでした
仕方ないですね。これは運もありますね。
何とかこのような写真を撮れました。このベルニナ線に乗ること憧れだったのです。
乗れただけでも幸せですね
4.000M級の山々や大氷河などの絶景を楽しんできました。
DSCF49022.jpg
DSCF49244.jpg
<4日目>
ロープウェイに乗りディアボレッツァ展望台へ。標高2984mです。
お天気に恵まれ素晴らしい風景です。
日本人の方達が大勢いましたよ。
なんと和服姿の方がいてビックリ
DSCF49999.jpgDSC_00833.jpg
展望台で昼食を済まし、又、ロープウェイでに乗り、降りてきました。
その後、国境を越え再びイタリアに入ります。
スイスは24時間位の滞在でした。
午後からはバスで移動しドロミテ街道の拠点の街ボルツァーノへ
ボルツァーノはオーストリアとの国境に近いチロル風の面影が残る街並みです。
散策でアーケードを回り、Tシャツやお菓子のローカーの専門店があったので買い物を楽しんできました。
DSCF50333.jpg


| 北イタリア旅行記 | 19:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。